早漏治療で池袋のクリニックへ行った時に言われたアドバイスなど

早漏治療のためにクリニックを探し、池袋の病院へ通うことになりました

早漏は心因性が原因のことが多くあり、体調不良や疲労なども原因になってしまいますが、性的な事柄に対するコンプレックスやトラウマが引き金になってしまうことも少なくありません。
好意を持った人との性交渉で一度早漏体験をしてしまい、そのことがイメージに強く残っていていつも焦ってしまい同じことを繰り返してしまうなどが考えられるトラウマでした。
早漏の場合には精神面での影響も大きいですが、勃起不全や身体的な特徴も左右しているということもあるそうです。
今後のことを考えて早漏治療のためにクリニックを探し、池袋の病院へ通うことになりました。
前述したような予備知識だけではなく、診察を受けると早漏には分類があると言うことが分かったのです。
該当するケースだと思われる心因性の状態は、精神的なストレスや不安が影響する状態になります。
過敏性のケースでは男性器が刺激に敏感であり、少しの刺激でも快感になってしまうことが原因です。
さらに30代を過ぎると個人差はありますが、加齢により射精をコントロールする力が衰えてしまうと診察時に説明されました。
医師の診断によるとケース的に心因性と加齢衰弱性の混合タイプの早漏だと言われ、治療のためのプログラムが開始されたのです。

早漏治療のためにクリニックを探し、池袋の病院へ通うことになりました規則正しい生活が重要で、夜は8時間以上睡眠をすることが推奨されました池袋のクリニックでは早漏治療に効果のある内服薬も処方されました